レンガの種類やサイズと用途別のおすすめ

トップページ > コラム> レンガの種類やサイズと用途別のおすすめ

レンガの種類やサイズと用途別のおすすめ

2021年6月21日

 

レンガはホームセンターなどでもよく売られているため、目にする機会も多いでしょう。

ガーデニングやDIYが趣味の方の中には、レンガを積んで壁にしたりレンガを使って庭にアプローチを作ったり、結構身近な存在かもしれません。

そんな生活に身近なレンガですが、製法や素材によってさまざまな種類・サイズに分けられ、目的や使用する場所によってレンガの種類や色を使い分けます。

今回は、これからDIYを始める方や庭にちょっとした花壇を作ろうと思っている方のほか、今一度レンガについて知りたい方に向けて、レンガサイズや種類を解説した記事となっています。

用途別におすすめしたいレンガも紹介していますので、参考にしてくださいね。

 

レンガの主なサイズ

 

実は、日本のレンガのサイズには日本工業規格(JIS)によって寸法が定められており、サイズごとに名称が変わります。

以下、「名称…長さ・幅・厚さ(単位:mm)」を表記しています。

 

レンガの名称とサイズ

・おなま…210・100・60

・はんぺん…210・100・30

・しちこぶ…155・100・60

・はんます…100・100・60

・にごうぶ…45・100・60

・二寸角…210・60・60

・ようかん…210・45・60

・せんべい…210・30・60

 

一般的なサイズのレンガは「おなま」と呼ばれるものです。

おなまを横半分にカットしたものが「はんぺん」、縦向き約1/2にカットしたものが「はんます」となります。

「にごうぶ」ははんますの長さをさらに約半分にしたものです。

さらに、おなまの横幅を約1/2にしたものが「ようかん」、約1/3が「せんべい」となります。

おなまの長さはそのままに、幅と厚さを60×60mmの正方形にしたものが「二寸角」と呼ばれています。

 

特徴的な名称ですが、おなまについては古くから建築用語として使われており、「レンガやタイルなどが完全な状態であること」という意味があります。

 

レンガの種類

 

レンガは、製造方法や用途によって種類が分かれており、それぞれに特徴があります。

 

製造方法によっては大きく2種類に分けられる

 

製造方法によって、レンガは「日干しレンガ」と「焼きレンガ」に分けられます。

 

日干しレンガ

 

粘り気のある土と砂、水を粘土状になるまで混ぜたものを型に流し込み、2~3日ほど天日干しし、乾燥させたものが日干しレンガです。

作り方がシンプルで、レンガは古くからこの方法で製造されていたといわれています。

 

焼きレンガ

 

一方、日干しレンガよりも手間と時間をかけて作られるのが、焼きレンガです。

粘土状の生地を2日ほど寝かせ、型から押し出したものを数日かけて乾燥させ、仕上げに高温で焼くと完成します。

 

新しいタイプのレンガもある

 

日干しレンガや焼きレンガ以外にも、近年新しいタイプのレンガも出ています。

例えば、インフラ整備や公共事業などへの使用にも向いている「新燃レンガ」があります。

新燃レンガは、透水性が高い、色による視認性の高さ、強度があり耐久性に優れているというような特徴を持つレンガです。

高い耐久性を誇るため低コストで、ランニングコストなどの面でもメリットが多いといわれています。

 

新燃レンガについてはこちらのページで詳しく紹介しています。

 

用途別や素材別であればレンガは5種類に分けられる

 

レンガは用途や素材によっても種類分けが可能です。

 

用途別・レンガの種類

普通レンガ…一般的に使われるレンガで、「赤レンガ」とも呼ばれるタイプ。

水には強いですが、高温である場所に使用するのは避けたほうが良いといわれています。

 

セメントレンガ・スラグレンガ…セメントモルタルなどを使用し、作られたレンガです。

 

建築用レンガ…高い強度や吸水性が特徴のレンガで、建物の外壁などに使われます。

 

耐火レンガ…1,000℃以上の耐火性があるレンガです。

しかし、水に弱いという特性があります。

 

空洞レンガ…軽量化を図ったレンガで、装飾などによく使われます。

 

そのほかにもレンガにはいろいろな種類がある

 

古い建物などを取り壊した際に出たレンガを「アンティークレンガ」として再利用する場合があります。

また、国産のレンガよりも少し大きめに作られた「オーストラリアレンガ」や、側面に凸凹のある「ベルギーレンガ」といった味があるレンガなど、レンガにはさまざまな種類があるのです。

 

用途別におすすめのレンガ

 

最後に、用途やDIYで作りたいものごとのおすすめレンガを紹介します。

レンガを使ってこれから「何か作ろう!」と考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

家の外壁に使用したいときにおすすめのレンガ

 

マイホームの外壁は人から見られやすい場所のため、ぜひともこだわりたい部分ですよね。

家の外壁にレンガを使いたい場合は、強度があり吸水性が低い「建築用レンガ」が最適でしょう。

また、耐久性があり色褪せも少ない「新燃レンガ」も、外壁として使用するのにおすすめです(種類によります)。

カラーバリエーションも豊富ですので、自分好みの色を見つけるのも楽しみの一つになるでしょう。

 

家の内装などに使いたいときにおすすめのレンガ

 

自宅の内装をDIYやリメイクする際、レンガを使う方も多いですよね。

建物の内装や飾りに使用したい場合は、「普通レンガ(赤レンガ)」が扱いやすく、おすすめです。

水に強いという特徴を持ちますので、キッチンの近くに使用するのも良いですね。

また、軽量化された「空洞レンガ」も、屋内のインテリアなどに使いたい場合におすすめです。

 

低めの塀や囲いを作りたいときにおすすめのレンガ

 

自宅の庭の外周を塀で囲いたいときや、一角に囲いを作りたいときに便利に使えるのが、軽さが特徴の「空洞レンガ」です。

また、デザイン性の高いレンガでもあるため、装飾したい場所などにも向いているレンガです。

ただし、強度がそれほど高くないため、扱い方に注意しましょう。

 

庭に花壇を作りたいときにおすすめのレンガ

 

ガーデニングが趣味という方の中には、自宅の庭に花壇を作りたい!という願望がある方もいるかもしれませんね。

花壇を作る際におすすめなのは。「普通レンガ(赤レンガ)」です。

価格が安いため、低コストで済むという点もメリットでしょう。

 

高温になる場所に使いたいときにおすすめのレンガ

 

最近では、自宅に暖炉やピザ窯、オーブンなどを作る方も増えてきました。

このように高温となる場所の設備をDIYしたい場合は、耐火性のある「耐火レンガ」がおすすめです。

しかし水に弱いため、使用する場所には注意するようにしましょう。

なお、普通レンガ(赤レンガ)は耐火性がありませんので、使用しないほうが無難です。

 

屋外の床材として使いたいときにおすすめのレンガ

 

駐車場の床材としてタイル状にレンガを使いたいときは、「普通レンガ(赤レンガ)」を使用してもOKです。

しかし、基礎をしっかり組んでいることが前提です。

庭の一部分にレンガを埋め込んで扉から玄関までの小道を作る際にも、「普通レンガ(赤レンガ)」がおすすめです。

また、「新燃レンガ」のミニサイズタイプも、歩道に敷きたい際におすすめですよ。

 

レンガの敷き方のポイントと用意する物

 

レンガでご自宅の庭を、おしゃれにアレンジすることができます。

しかし初心者の方で、いきなりDIYで作業するのは不安な方も多いのではないでしょうか。

 

庭にレンガを敷く際に用意する物と敷き方のポイント

 

こちらの記事では、庭にレンガを敷く際に準備するものや失敗しないためのポイント、

そして、具体的な敷き方についても詳しく紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

お気に入りのレンガを見つけてください

 

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことでレンガサイズや、どんな種類があるのかがご理解いただけたと思います。

レンガには複数の種類がありますので、お気に入りのレンガを見つけてDIYなどに生かしてくださいね。

 

創碧は日本で唯一、火山灰からできた強靭で低コストな「新燃レンガ」を取り扱っております。

またオリジナルのレンガ製造や、設計からのご提案もさせて頂きます。

全国からのお問い合わせにも対応しておりますので、レンガをお探しの方は是非ご相談ください。

安全・強靭・低コストなレンガをお探しの方はこちらをご覧ください。

レンガ販売の創碧(souheki)株式会社

 

 

 

関連記事

レンガの敷き方と用意するもの(庭編)

レンガで花壇を作る基本的な準備物や作業の流れ

レンガの切断に必要なものと割りやすい種類や方法