トップページ > コラム> 外壁にレンガを使うメリットとデメリット

外壁にレンガを使うメリットとデメリット

2021年6月21日

 

この記事では、レンガの外壁を検討している人に向けて、メリットとデメリットを解説していきます。

レンガは自然で温かみのある質感が魅力の資材で、文化財など古くから現存する建物にも広く使われています。

見た目の良さだけでなく、断熱性や耐久性に優れながらもメンテナンスコストは抑えられるため、その人気は根強いものです。

一方で、施工できる業者が限られることや施工コストが高い点を懸念する人も少なくありません。

こうしたことからも、レンガの外壁を取り入れたいときには、メリットとデメリットの理解を深めて判断材料とする必要があるでしょう。

レンガの外壁を取り入れたい人は、ぜひご一読ください。

レンガの外壁のメリット

 

レンガの外壁には、次のようなメリットがあります。

レンガの外壁のメリット

・劣化が少なくメンテナンスコストが低い

・耐熱性と蓄熱性に優れている

・耐火性に優れている

 

レンガはカビが生えにくく紫外線や雨風に強いため、一度施工が終われば破損しない限りレンガ部分のメンテナンスはほぼ不要です。

万が一割れてしまったときでも、その部分だけレンガをつけ直すこともできるため、メンテナンスコストは抑えられます。

また、レンガは内部に気泡を多く含んでおり、ガラスを2枚使用した二重窓と同様の効果を発揮します。

こうした耐熱性や蓄熱性に優れた特徴から、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことが可能です。

レンガはもともと土でできているため、火にも強い資材です。

高温で焼き上げるピザ窯などにも活用されていることからも、耐火性の高さがうかがえるでしょう。

こうした耐火性の高さは、火災保険料を低く抑えるメリットにつながっています。

 

レンガの外壁のデメリット

 

レンガの外壁には、次のようなデメリットがあります。

レンガの外壁のデメリット

・熱が逃げにくいことによる弊害

・施工できる業者や職人が少ない

・工期が長期間になりやすく初期コストが高い

 

レンガは、内部に蓄えた熱を8時間~10時間は逃さない性質をもちます。

熱を逃がさない蓄熱性はメリットにもなる一方で、夏場には昼間に蓄積した熱が夜間になっても残ってしまうといった弊害があります。

冷房機器を備えていればとくに問題はありませんが、一般的な外壁よりも熱中症に気を配る必要はあるでしょう。

また、レンガを使った外壁は施工難度が高いため、限られた業者や職人しか行えません。

施工の際には日差しの下でモルタルを乾燥させる必要があり、気候も影響します。

そのため、一般的な外壁よりも工期が長期化しやすいでしょう。

こうした点を考慮すると坪単価を高くせざるを得ず、初期コストが上がりやすいところも懸念されます。

 

費用

 

レンガの外壁にかかる費用は、使用するレンガや工法などによって変動します。

それぞれの相場を一覧で確認してみましょう。

 

内訳 積上げ工法 湿式貼り付け工法 乾式貼り付け工法
レンガの費用 約5,000~20,000円/㎡ 約5,000~20,000円/㎡ 約5,000~20,000円/㎡
基礎工事費用 約300,000円 なし なし
足場の費用 約200,000円 約200,000円 約200,000円
施工費用 約15,000円/㎡ 約15,000円/㎡ 約5,000円/㎡

 

上記はおよその費用であり、施工面積や期間によっても変化します。

詳しくは、施工を依頼したい業者に事前に確認してみましょう。

レンガの家とは

 

レンガで家をつくることで、海外風の雰囲気を醸し出すことができるため、

憧れている方も多いのではないでしょうか。

レンガの家の特徴として、その見た目だけでなく実用性も優れています。

例えば、耐久性が高いといったメリットがあります。

その他にも様々なメリットがあります。

 

レンガの家の特徴とメリット

 

こちらの記事では、レンガの家の特徴やメリットについて詳しく紹介しています。

気になる方はぜひご覧ください。

長期間使うならレンガの外壁がおすすめ!

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことでレンガの外壁にするメリットがご理解いただけたと思います。

外壁資材を迷っている人は、見た目にも機能性にも優れたレンガを検討してはいかがでしょうか。

 

創碧は日本で唯一、火山灰からできた強靭で低コストな「新燃レンガ」を取り扱っております。

またオリジナルのレンガ製造や、設計からのご提案もさせて頂きます。

全国からのお問い合わせにも対応しておりますので、レンガをお探しの方は是非ご相談ください。

安全・強靭・低コストなレンガをお探しの方はこちらをご覧ください。

レンガ販売の創碧(souheki)株式会社

 

 

 

 

関連記事

レンガの家の特徴とメリット

庭にレンガを敷く際に用意する物とポイント

レンガで玄関アプローチをDIYする際に用意するものと作業工程